膵臓、胆嚢、食道、十二指腸、腎臓 の病気 背中の痛み.guide

トップページ > 背中の痛みと内臓の病気 >  膵臓、胆嚢、食道、十二指腸、腎臓 の病気

膵臓、胆嚢、食道、十二指腸、腎臓 の病気

がん検診・PET検査はこちら!⇒PET検診なら日本医大健診医療センター

食道の病気

背中の痛みの中に、食道の異常から来る痛みがあります。背中の痛みが肩甲骨の内側で、運動痛(自分で身体を動かす)事のよって痛みが出てくる事の他に、安静痛(安静時の痛み)が存在しています。特に胸椎6番付近は、食道が、背骨の前を通過して更に噴門(胃の入り口)に向かって背骨の際を離れていく所でもあります。従って、この付近もしくは更に胸部の上部での痛みは、食道の病気を抱えていることがあります。この食道へと走行している自律神経を介して、背骨付近のインナーマッスルでもある回旋筋に働きかけると考えられています。これによって、食道の病気が背骨の痛みとなって感じられます。これも一つの背中の痛みとして分類できます。また、食道がんが存在した場合に、食道から骨への癌の転移も考えられます。食道がんの場合は、食べ物を飲み込んだ時に、ひっかっかりが有るかどうかで初期検査となっていますが、このような違和感がなくても、背中に異常を感じることもあり得ますので、異常を感じたら、まずは医療検査を怠らないようにすることが大切です。食道の病気は他にもあります。感染症や逆流性食道炎などの異常はよく知られています。このような食道の異常に於いても、胸部の不調に加えて背中の違和感や痛みを感じることは多くあります。肩甲骨の内側の痛みにおいては、まず捻挫などの筋肉の疾患や、背骨や肋骨の関節の問題を除外する必要があります。これらは、ご自身でそのきっかけが有るか無いかを簡単に思い出すことが可能です。これらのきっかけが無く、しかも安静痛がありましたら、必ずメディカルチェックを怠らないようにすることが大切です。

このページのトップへ↑

胆嚢の病気

背中の痛みの一つに胆嚢の病気があります。胆嚢の病気は、胆石や胆のう炎や胆嚢ポリープなどがありますが、これらの病気に関しては、しっかりした医療検査が大切です。自覚症状として、例えば脂っこい食事の後には、『必ずお腹が痛くなる』とか、『便の色が黒い』といった症状がありましたら、まずは病院で医療検診をおすすめ致します。更に、ここでお腹が痛いなどがありましたら、胆嚢の病気が考えられます。これらの自覚症状がまるで無く、背中のみの痛みがある時、更に捻挫や骨折等の骨格系の異常が考えられない(思い当たる節が無い時)場合は、胆嚢の病気が関係していることがあります。特に肩甲骨の内側の痛みで、背骨側から右に掛けてに傷みが発生します。大きな範囲での痛みではなく、一点もしくはその周辺といった感じの限定的な部位の痛みです。この場合、運動痛(身体を自分で動かして出てくる痛み)に加えて、安静痛(じっとしているにも拘らず痛みが発生している)を感じることが多いです。安静痛は、炎症性の痛みを除外したならば、関連痛として内臓の異常から来る痛みを考える必要があります。ただし、胆嚢の病気でも、運動痛のみの場合もありますので、痛みを感じましたら、しっかり医療検査をすることが大切です。関連する背骨に痛みを感じる事もあります。自律神経というで神経を介して、背骨の回旋筋と呼ばれるインナーマッスルに影響を与えて、背骨の安定をなくします。いつもの何気ない動きで、捻挫用の痛みが起こり、炎症を引き起こすこともしばしばあります。繰り返す背中の痛みは、内臓の病気や内蔵の機能低下を抱えている事が大いに考えられますので、医師に相談することが大切です。

このページのトップへ↑

十二指腸の病気

背中の痛みがあって、更に腹部の膨満感があったら、十二指腸潰瘍かもしれません。始めは、背中が痛いだけのこともありますし、お腹の張りが始まるかもしれません。心窩部(みぞおち)のみの痛みの事も有りますが、この場合は、すぐさまお腹の異変だと気が付くことでしょう。背中の痛みに始まって、お腹の張りが現れたら、更にガスが溜まりやすく、ガスの放出と共にお腹の張りや違和感がなくなるのであれば、それは十二指腸の病気も考えられます。特に心窩部の特有の痛み(刺すような痛み、きりきりした痛み、常に違和感)があり、更に食後60分から90分くらいになると、痛みが顕著になって来ます。夜間痛も存在することがあり、なかなか寝付けないこともあります。これらの自覚症状は医療検査を要します。医療検査にて診断が付けば治療を開始します。また、背中の痛みに関しましては、自覚する方と自覚されない方が居られますので、一概に、全ての十二指腸潰瘍の患者様が背中の痛みを抱えているかはまた別です。とはいえ、背中の痛みのみに始まる内臓の不調は良くあることです。自覚症状が有りましたら、医療検査を受けてみることが大切です。

十二指腸の病気の続きを読む

このページのトップへ↑

膵臓の病気

背中の痛みの原因で、膵臓の病気と関係している痛みがあります。膵臓の病気は、『炎症性の病気』が多く、『急性膵炎』と『慢性膵炎』とに分類できます。急性膵炎は、アルコールなどの多飲に因って、膵臓に負担をかけ、炎症を起こします。痛みは強く、急激に起こることが多く、治療を早期に開始することで、予後も良好です。また、同じような炎症性の膵炎が、慢性的に長期で起こることがあります。原因は、多飲や生活習慣の不摂生といわれていますが、はっきりとしたことは判っていないのが現状です。慢性膵炎の場合は、自覚症状もあまりなく、非常に発見が難しい病気とされています。決定的な診断は、造影剤を使って画像診断をすることになります。また、膵炎のほかに『膵臓がん』があります。膵臓がんも診断が難しく、自覚症状が出てきにくい病気です。『おかしい』と感じたら、躊躇せずに医療検査を実行することが、早期診断の決め手となります。また、膵臓の不調がある場合、背中の痛みが出ることが知られています。常にではなく、関連痛と呼ばれる痛みです。膵臓から発せられた異常信号が神経を介して自律神経に伝達します。すると背骨に付着している回旋筋と呼ばれる筋肉に影響を与え、その椎骨の不安定性が生じ、圧痛や痛みを覚えるようになります。また、お腹のおへその少し左側や、背中の痛みでも胃の裏側の少し中央よりに痛みがある場合は、膵臓の関連痛かもしれません。医療検査が重要です。医療検査にて異常無しになったとしても、生活習慣や飲酒に関しては、十分気をつける必要があります。

このページのトップへ↑

腎臓の病気

背中の痛みに、内臓の不調が原因である事がありますが、中でも背中の下部もしくは腰の上の辺りの痛みやコリは、腎臓の不調や病気が原因であることがあります。腎臓の病気は、急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、急性腎不全、慢性腎不全、高カリウム血症、腎硬化症、結石などの代表的な病気と、その外の病気があります。この腎臓の病気には、それぞれの原因によって、治療の方法も違います。腎臓に不調がある場合、自覚症状として、主に背中に痛みが出てくることが多いです。または腰痛を訴えることも多く、背中の痛みのみを訴える方は、病気の鑑別が大切です。まずは運動痛と安静痛があります。寝ていても痛みが治まらない場合や、夜間痛が自覚される場合は、筋骨格系の異常だけでないことが多いとされ、内臓の病気を原因とした、背中の痛みであると疑われます。この場合も、腎臓の裏を背中から打診して、痛みがお腹に突き抜けるような感じであったり、お腹に響くような痛みであれば、内臓疾患(腎臓も含む)から来る背中の痛みとして、医療検査を早期に実行することが大切です。病気の早期の発見は、的確な治療を早期に開始することが出来ますので、予後にも差が出ます。また、腎臓は左右一対ありますので、右の腎臓や左の腎臓の不調に因って、痛みの部位が微妙に違うかもしれません。また、結石の場合は、腰痛として感じる方が多く、腰痛のみを訴える方が多く見られます。これらの方も、やはり通常の治療にて痛みが引かない、長引く、寝ていても痛みが引かない等がありましたら、腎結石や尿管結石を患っている可能性があります。

このページのトップへ↑

食事をして数時間後のお腹の痛みと背中の痛みと関連痛

食後にお腹が痛くなることがあります。通常、食事をしてお腹に食物が入ると、胃は働き始めます。ここで痛みが起きると胃の問題が考えられます。食欲も無くなり、食事は喉を通らなくなってきます。ここでは胃の痛みがあるかもしれません。また、初期であればまだしも、痛みが有って食欲が変わらないことはあまり考えられません。ここで胃より先の消化器官の異常を考えます。すると十二指腸が考えられます。十二指腸の痛みは、食事をすると痛みが治まることが多いのですが、胃で消化されて十二指腸に食物が送り込まれて、ここで胆嚢と膵臓が働きます。この時に負担を掛けるのが胆嚢の痛みであったり、膵臓である可能性があります。胆管は十二指腸の手前で膵臓に一部入り込みます。膵臓は腫れは胆管を圧迫して痛みを発生します。膵臓の病気はなかなか見つけるのが難しく、血液検査やCT等の画像検査で異常がなければ正常とみなされます。その後は小腸へ移行し、更に大腸へと移行します。ここまで来ると背中の痛みよりも腰の痛みとして感じられるようになるので、背中の痛みとしては、小腸くらいか、十二指腸が考えられます。腹部の膨満感、食欲不振、腹部痛、背中の痛み、夜間痛があれば、十二指腸、膵臓、胆嚢、肝臓の病気が十分疑われます。医療検査は欠かせません。

このページのトップへ↑

がん検診・PET検査はこちら!⇒PET検診なら日本医大健診医療センター